Page Top

コーヒー豆知識About Coffee

コーヒー豆知識

コーヒーの基本

コーヒーの基本

コーヒーの実は真っ赤なチェリー

熟したコーヒーの実をコーヒーチェリーといいます。
チェリーの構造は、外側は肉質の外皮で、その下にパルプ(果肉)と呼ばれる甘い粘液質の層があります。
このパルプの内側にはパーチメント(洋皮)として知られる、乾いた、なめらかな、むぎわら色の堅い皮がありさらにその下にはシルバースキン(銀皮)と呼ばれる薄い膜があって種子を包んでいます。コーヒー豆はこの種子のことです。

 

 

コーヒーの産地

赤道を中心にして、南回帰線から北回帰線の間にある熱帯地方がコーヒー栽培の適地で、「コーヒーべルト」と呼ばれています。直射日光を受けても酷暑ではなく、それなりの雨量に恵まれ、年間平均気温が摂氏15~30度ぐらいで、降雨量が1,800ミリ内外の排水のよい土地にコーヒー農園が設けられています。

コーヒーの成分

1 カフェイン
カフェインは苦味と興奮作用をもっています。コーヒーの大切な成分であり、これを欠くとコーヒーの値打ちはなくなります。

2 香り
コーヒーの香りは複合的なもので40種くらいの芳香物質からあるといわれています。

3 粗繊維
生の豆に含まれている約28%の粗繊維は豆を煎ると炭火して褐色になります。この色素は、糖分が変化してできあがったカラメルの色素と共に、コーヒー液の色調を作ります。

4 脂肪
コーヒーの脂肪は一種類ではなく、分析すると、いくつもの種類に分れます。その中には脂肪酸があり、これが多いコーヒーは酸味が強くなります。

5 鉱物質
「灰分」珪素、鉄、石灰、ソーダ、燐、硫黄、塩素などで、いずれも含有量は微少。

6 タンニン酸
コーヒーをブラックで飲む時、苦味や渋味のあとから、かすかな甘味が舌に乗ってきて、「おいしいなあ」と感じさせます。それがタンニンの作用であると同時に、コーヒー豆に初めから含まれている糖分の作用です。

7 エキス分
「エキス」とは抽出物の意味。エキス分は他の7つの成分以外の物質で、その量は生の豆で約17%、煎った豆で約29.5%です。

 

カフェインと健康

カフェインは次の特徴をもっています。
1 快適な興奮剤として適度に神経を刺激し、疲労を癒し元気も回復し、スタミナアップに効果があります。

2 血液中のノルアドレナリンというホルモンの分泌を高め、心臓の動きを活発にし、細胞に酸素をゆきわたらせるので、頭脳の働きをアップして思考力を旺盛にします。

3 胃や腸が刺激されて、消化作用が活発になります。また腎臓が刺激されて尿の排泄がよくなります。

4 体内のエネルギーの代謝を高めるため、脂肪が分解されダイエットに効果があります。但し、高血圧や動脈硬化症の人は、カフェインを含んだ飲み物はすべて控え目にすることが大事です。

 

コーヒーは飲むサラダ

コーヒーはアルカリ飲料です
ご存知ですか? コーヒーが、スポーツ飲料と同じアルカリ飲料だということ。そしてうっかり忘れてはいませんか? コーヒーが無添加の自然食品、健康食品であるということを。コーヒー再発見です。

コーヒーはサラダです
肉料理や油っこい料理を食べたあとの一杯のコーヒーは消化剤。これはコーヒーの苦味が胃酸の分泌をよくするからです。それにもちろんコーヒーはアルカリ性ですから、酸性の肉料理のあとには、サラダを食べるようなさわやかさ。フルコースディナーのあとの一杯のコーヒーはこんなところから生まれました。

二日酔いもすっきり
二日酔の朝にいいといわれるトマトジュースはアルカリ性。そしてコーヒーもまたアルカリ性です。しかもコーヒーには眠けを醒ますカフェインが含まれていますから、頭もスッキリ。モーニング・コーヒーは二日酔のひとはもちろんのこと、朝のさわやかなスタートには欠かせないものなのです。

コーヒーの制ガン作用
癌学会で発表された実験の結果、コーヒー、野菜ジュース、緑茶のタンニンには、発ガンをおさえる作用があることがわかりました。特にコーヒーは、ラットの研究で「肝ガン」に対する抑制作用がみられたとのこと。決定的な治療法がない今、予防こそ一番。コーヒー好きにはうれしいニュースですね。