Page Top

キョーワズ珈琲の取り組み

KYOWA’S COFFEEの取り組み フレンドシップコーヒー

生産者支援

フレンドシップコーヒー

生産者が丹念に育てたコーヒー豆を、キョーワズ珈琲が真心を込めて焙煎し、よりおいしくお客様にご提供する。お客様がコーヒーにお支払い頂いた代価は、生産者のもとへ公平に還元する。キョーワズ珈琲では、そんなみんなをシアワセにする友好支援の輪、
「フレンドシップシステム」をとても大切にし、現在2銘柄の「フレンドシップコーヒー」を皆様にお届けしています。
そのどれもが、産地の気候風土をいかし、自然を大切にする栽培法で育てられた、安心で、風味豊かな逸品ばかり。
コーヒーにかける多くの人々の誠実な思いが実を結んだ飲む人、作る人、お届けする人、そして地球環境にも優しいコーヒーをぜひご賞味ください。

フレンドシップコーヒーとは、コーヒー豆を大切に育ててくれる生産者と心を込めて焙煎するキョーワズ珈琲。そして、おいしく楽しむお客様とを結ぶ友好支援をかたちにしたコーヒーです。

キョーワズ珈琲が直接的に支援するかたち

【ネパール ヒマラヤンアラビカ】
1杯のコーヒーがネパールの子供の笑顔に…。
キョーワズ珈琲が友好支援するフレンドシップコーヒー。

始まりは1997年、福岡のNPO団体によるニルマルポカリ村の学校設立でした。財政的に恵まれない村々では、支援に頼らず自立して子供たちの教育資金を得ることが重要な課題となっていました。
キョーワズ珈琲は、このプロジェクトに賛同し2003年より本格的なコーヒーの栽培に協力。6年後の初収穫から毎年、村人たちが心を込めて育てた豆を、フレンドシップコーヒーとしてお届けしています。

太陽の恵みとヒマラヤの厳しい冷気、村人たちの行き届いた手入れから生まれる、やわらかな甘味と後味のすっきりとした酸味の絶妙なバランス、豊かな香りを、お楽しみください。

【フレンドシップコーヒー】
ネパール ヒマラヤンアラビカ
・パッケージ(粉/150g)はこちらから
・北山自家焙煎はこちらから
・本社工場焙煎はこちらから
・生豆はこちらから

 

【タンザニア キリマンジャロ ルカニアラビカ】
「キリマンジャロ」を飲んでルカニ村に中学校を建設しよう。
キョーワズ珈琲が友好支援するキリマンジャロ・ルカニアラビカ。

2001年、京都大学農学研究科・辻村准教授を中心に、ルカニ村の主産業であるコーヒー栽培の振興のため「ルカニ村・フェアトレード・プロジェクト」がスタートしました。
キョーワズ珈琲では2008年に、「ルカニ村」産出のコーヒーを取り扱うことを決定。中学校の建設を支援すべく、村人たちが丹精込めて育てた豆のおいしさに自信をもって、皆さまにお届けしています。

環境保全につながるアグロフォレストリー(農林蓄複合システム)農法で作られた、ルカニ村産キリマンジャロならではの、力強いボディと適度な酸味が調和した存在感ある口あたり、後味の良さがお楽しみいただけます。

【フレンドシップコーヒー】
タンザニア キリマンジャロ ルカニアラビカ
・パッケージ(粉/150g)はこちらから
・北山自家焙煎はこちらから
・本社工場焙煎はこちらから
・生豆はこちらから